「グランマかのや×食と暮らしのマルクト」撮影隊として写真部MUZEが参加

2021年10月24日(日)霧島ヶ丘公園で開催された「グランマかのや×食と暮らしのマルクト」に写真部MUZEが広報・撮影担当としてイベント参加してきました。

今年8月から参加予定でしたがまん延防止等でイベント自体が延期していたため、今回が待望の初参加。

本記事ではイベント参加の様子、会場の雰囲気、魅力的な出店ブースの商品などをご紹介できればと思っています。



「グランマかのや×食と暮らしのマルクト」とは

門司港グランマ

出典:門司港グランドマーケット

グランマとは元々、歴史と古い街並みが融和する門司港で開催された「門司港 GRANDMARKET(グランドマーケット)」が発祥の地です。

アンティークや雑貨などライフスタイルを発見できるおしゃれなマーケットで、今回は毎月鹿屋市バックアップで開催されている「食と暮らしのマルクト」とのコラボ企画。

会場となった霧島ヶ丘公園の広場に設置された入口付近にはグランマの旗が設置されているのを発見!

グランマ旗

また「#マルクトおおすみ」をタグ付けすると限定30名にグランマロゴがプリントされた保冷バッグがもらえるという特典も用意されていました。

今回は来場者も相当多くて入口では1人1人に検温が行われ、一本化された出入口以外は入・退場できないような取り組みが行われていました。

写真部メンバー3人でイベント参加

撮影隊としてのマルクト参加は初でしたので参加メンバーは公募していませんでしたが、写真部メンバー@praying_swimくん、バラ園をこよなく愛する@azu_roseさんの3人で参加してきました。

午後からの参加でしたがお昼時には売り切れが続出するほど賑わっていて、ほんと皆さん楽しみにしていたんだなぁと改めて実感。

完売しました

行列

撮影隊としてのミッションは、

・会場全体の雰囲気
・出店ブースの接客風景
・商品の撮影
・来場者の撮影

 
たっぷりと時間があったので目が周るほど撮影してきましたが、印象としてはお子さんやペット連れ、20代~40代おしゃれな女性来場者が多く出店されているブースの方も個性的で気さくな方ばかり!

また、運営の方も歓迎して下さって写真部としては色んなジャンルの撮影が一度に楽しめる貴重な場となりました。



マルクトでは魅力的な商品がずらり!

今回のイベントでは50店舗が参加しているそうですがスイーツ・タピオカドリンク・串焼き・中華など飲食ブースはお昼時には大賑わい。

焼き鳥

笑顔の店員

いわゆる屋台のようなお店はなくてイベントに合わせて厳選されているという感じ。

秋色の造花

レザークラフト

会場の半分はおしゃれ雑貨、アクセ、フラワーアレンジメント、わんちゃん服、腸もみなど暮らしのブースがあり来場者の方が物色したり、出店ブースのスタッフさんとお客さんが話したり交流の場になっていました。

毎月開催されるマルクトのカメラマン募集

本部の様子

ユクサおおすみ代表の川畠さんを中心に鹿屋市と協力して毎月開催されるマルクトは北田商店街近くの「城山公園」で行われています。

余談ですが城山公園と聞くと鹿児島市内の城山展望所を思い浮かべる方がいますが、鹿屋城跡地にも城山公園という名称の公園があります。

一度に物撮り・イベント撮影・人物と被写体には困らない機会はカメラマンとして腕を磨くだけでなくたくさんの方と交流することもできます。

写真部MUZEがマルクト撮影隊として毎月撮影に参加する予定ですので、鹿屋だけでなく県内外で興味があるカメラマンさんいたらインスタDMよりお知らせ下さい。



次回の写真部MUZEイベント「千本いちょう~乱ポートレート~vol.1」

秋色ポートレート

最後になりますが年内最後のイベントとして11月27日(土)垂水市千本いちょうで「千本いちょう~乱ポートレート~vol.1」を開催します。

これまでと同じようにモデルさんとカメラマンさんに参加して頂き、感染予防対策をしながら個別で撮影したりみんなでワイワイ撮影できればと思っています。

参加はカメラマン・モデルいずれも無料、時間帯は14時~17時を予定。

すでにこれまで参加してくれていたモデルさんに新たなモデルさんも加わる予定ですので、参加希望はHP部員応募又は公式InstagramよりDMでお知らせ下さい。



鹿児島写真部MUZEでは「MUZE撮影会」やイベント企画など撮影技術向上を目指した企画を行っています。

前回、前々回と参加してなかった方でも気軽に参加することができるので、皆さんの部員応募やイベント参加をお待ちしています。

また、写真部MUZEでは登録モデルや有料撮影会モデルを随時募集しています。興味のある方はこちらのモデル応募フォームに概要が貼ってあります。

部員参加は下記、入部フォームから簡単にお申込みすることができます。たくさんのカメラ写真好きの皆様とお会いできることを楽しみにしております!



■無料・部員入部ホーム■

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP
error: Content is protected !!