面白い写真の撮り方をまとめてみた20選!マンネリした撮影に写真加工・ポーズ・アイデアをプラスしてみよう。

カメラマンにとって休日や週末に撮影に出かける時間ってとても幸せなものですよね。

「何を撮ろうかな?」

「どうやって撮ろうかな?」

そんなことを考える時間はワクワクしますし、それこそがカメラの楽しさでもあるのかなと私自身も感じています。

しかしある程度、撮影を続けていくと同じ被写体や風景では飽きがくるもの。

何か面白いアイデアや小道具があれば良いのになと思っても実際にお金がかかるものは真似できるものとそうでないものがあります。

今回は海外フォトグラファーが行っている面白い撮り方20選と、マンネリした撮影に写真加工・ポーズ・アイデアをプラスしてより写活を楽しむための方法をご紹介します。

この記事を読むことでカンタンに真似できて明日の撮影から使えるアイデアを見つけることができます。



いつも撮影しているとアイデアが不足しがち

戦っているシーン

カメラマンにとって日々の撮影は楽しみである反面、同じロケーションで同じ景色ばかり撮っていると退屈に思うことがありますよね。

季節が変われば桜にビーチに紅葉と変わり映えしますが、それ以外ではSNSで見た写真を再現したり面白いアイデアを考えて試行錯誤することがあるでしょう。

この時期はイルミネーションを使った写真が映えますが、いつも撮影に小道具を持っていくと面白い写真が撮れることがあります。

最近、SNSを見ていると、

・豆電球や光源を使った光の軌跡
・水晶に景色を凝縮する
・飛んでいる
・スマホ越しに撮影
・多重露光

このような工夫した写真を撮る方が多いなぁという印象がありますが、RAW現像ソフトの扱いが手軽になりスマホでカンタン合成できるようになりましたよね。

しかし、あくまでも撮影する時の工夫によっていつもよりシャッターを切るのが楽しくなりますが、何を撮りたいのか忘れて形ばかりには捉われないことは重要です。

次章からはおもに海外フォトグラファーが使っている手法やアイデアの種を紹介しようと思いますが、対象物が”人”の写真をメインに紹介しています。

【反射・リフレクションを使った面白い写真の撮り方5選】

まずは、「反射(=リフレクション)」を使った面白い写真の撮り方からご紹介します。

反射するものには鏡・水晶・ガラス・水面などが一般的でしょう。



鏡を使った面白い写真

大きい鏡を使った面白い写真
出典:unsplash

上半身が映るほど大きめの鏡を使ったポートレート写真。

この写真の面白いところは太陽を後ろにする”逆光”だと顔は暗く映りがちですが、太陽の光が顔に当たって明るく映っている顔を反射させてキレイに見せている点。

これなら見せたい綺麗なお花畑を背景に出来るので限られたロケーションだととても使い勝手が良いのではないでしょうか。

手鏡を使った面白い写真
出典:unsplash

こちらは手鏡を使った写真。

まるで映画のワンシーンのような素敵な写真ですが敢えて背景を暗くすることで、キレイな美白や表情に目がいく”目線誘導”させている点がとても面白いです。

手鏡は比較的マネしやすい上に持ち運びがカンタンなのでポートレートのアイテムとして常備しておくと良いでしょう。

鏡の破片を使った面白い写真
出典:unsplash

手鏡のなかでも極めて小さい反射を狙った写真。

面白いのは手鏡より小さく顔パーツの一部分だけをクローズアップすることで、より”目の表情”が切り取られていると思います。

ちょっと難易度が高そうですがより強調したいモデルさんのパーツを最大限に魅せるにはもってこいですね。

車ミラーを使った面白い写真

車のミラーの面白い写真
出典:unsplash

車のミラー越しに写された写真。

たぶん海外?だと思いますので助手席(前右座席)からサイドミラー越しに、後ろ座席に座った女性が足を出しているシーンを切り取った90年代テイストがピッタリの面白い写真です。

顔ではなく足だけを写していることからバカンスの雰囲気が出ていますし、見ていてほっこりする写真ですね。

水溜まりを使った面白い写真

水たまりを使った面白い写真
出典:unsplash

水溜まりを使ったリフレクション写真。

最近は水溜まりを使った色んな写真を見る機会が増えましたが、面白いのは地面と反射された水溜まりの中の世界がまるで違うところ。

飛行機が映り込み高いビルの水平垂直が美しく切り取られている構図も素晴らしいですが、都会の道路なんだなとさりげなく情報を与えているところが素晴らしくて好きですね。

【影・シャドウを使った面白い写真の撮り方5選】

続いては「人の影」を使った面白い写真の撮り方をご紹介します。

影には逆光シルエット・太陽の傾きがありますが、影の出方によってその表現は多くなり奥が深い分野だと思います。



人影を使った面白い写真

横に伸びた影が面白い写真
出典:unsplash

歩いている人の群れを真上から撮って影を演出しているスナップ写真。

太陽が極端に低い位置にある朝か夕方だと推測できますが、面白いのは影を見るだけで人の風貌や体の大きさが人目で分かる点。

影が色濃く出ていることで影の世界が逆転してどっちが本当の影なのか分からなくなりそうですが、ふとした日常をこんな目線から見ることができるんだと納得してしまう素晴らしい一枚です。

影で踊る面白い写真
出典:unsplash

こちらは写真全体の中で影の割合が多い写真。

あえて足元を写していることからヒールを履いた女性が想像できますが、踊っているのか舞っているのか分かりませんがとても印象的な一枚。

こういう写真は角度を左右上下を変えることで違った生き物のようにも見えるし、想像力を掻き立てられる写真だと思います。

ビーチ真上の面白い写真
出典:unsplash

ビーチにいる人?をはるか上空から撮影した写真。

この高さはドローン撮影だと思いますが人が写真全体の中で”点”であるのに対して、影が大きく写しだされている幻想的な一枚だと思います。

浜辺と海のグラデーションも真上から見るとこんなキレイなんだと思わず目を奪われてしまいました。

スポットライトを使った面白い写真

スポットライトを使った面白い写真
出典:unsplash

暗闇で逆光になるよう光源を使った写真。

被写体の男性の目元にセッティングされていると思うのですが少し顔でライトを隠すことで怪しい光を演出できていると思います。

逆光ストロボの写真はバリエーションが多く被写体の輪郭を強調したい時にすごい力を発揮するので個人的にはこういうの好きですね。

ボーダー柄にボーダー影を使った面白い写真

ボーダー女性の面白い写真
出典:unsplash

ボーダー柄の服を着た女性にボーダー影を写した写真。

これは私が好きな写真でもしかしたら好みが分かれてしまうかもしれませんが、ボーダー柄の女性にシマシマになるよう影を作ることでとてもアート的な雰囲気があります。

背景から察するに大きな建物?にできる影を利用しているのだと思います。

【ジャンプを使った面白い写真の撮り方6選】

次はジャンプすることで写真に躍動感を演出できる面白い撮り方をご紹介します。

ジャンプと言っても軽く飛ぶものから全力で飛ぶものまで色々ありますが、立っている時にはできないような”美しいシルエット”を生み出すことができます。



躍動感あるジャンプが面白い写真

エレガントで面白いジャンプ写真
出典:unsplash

ヨーロッパの古い伝統的な建物バックにエレガントにジャンプする写真。

広場に集まるハトの群れの中でおしゃれな女性がヒールで軽く跳ねることで、”品がある中にも躍動感”を演出している一枚。

ヒールでジャンプするってあまり見ないので挑戦するのはモデルさんが大変だと思いますが、それでも人と違った写真を目指すなら挑戦してみたいですね。

ビーチでジャンプする面白い写真
出典:unsplash

こちらは元気よくビーチでジャンプする若い女性の写真。

正面を向いてジャンプするのと横を向いてジャンプするのでは姿勢や手足の動きで印象はがらっと変わってきますが、この写真では横向きで元気よく跳ねていることで”若々しい”とか”活気がある”様子がイメージします。

全力でジャンプするときは膝から下の足元を地面から離すようにジャンプするとすごく高く飛んでいる印象になるでしょう。

女性らしいラインが出る面白い写真
出典:unsplash

こちらも跳んでいる女性の写真です。

これも横向きで飛んでいますがバレエダンサーのような美しいラインが女性らしさを表現している一枚だと思いますね。

普段からこんな跳び方ができるモデルさんはあまりいませんが、ダンサーさんや舞踊を習っている方なら印象的なジャンプやポージングに応えてくれると思います。

足元をスタイリッシュに魅せる写真

足元を魅せる面白い写真
出典:unsplash

こちらは足元にフォーカスしてスタイリッシュなジャンプをする写真。

スニーカーブランドの雑誌ってこういうテイストの写真をよく見かけますが、ナイキの靴からは”アクティブ””軽い”のを連想しますね。

ビル群にある少し低めのビル屋上?などで撮影していると思うのですが、あえて都会的な感じを残すための演出としてはとても勉強になりますね。

トリックテイストが面白い写真

不思議なジャンプが面白い写真
出典:unsplash

こちらはガラッと雰囲気かわって浮いているのか飛んでいるのか分からないトリッキーな写真。

地面に人影が写り込んでいることから合成ではないと思うんですが、どういう状況でこの姿勢になるのか謎が深まる一枚です。

浮いていることについ目が行きがちですが、キレイな放射線構図になっていてフィルムっぽく現像されているので洗練された写真だと思いますが真似するときは自己責任でお願いします(笑)

傘で浮いてる面白い写真
出典:unsplash

最後は跳ねているというよりは飛んでいる写真。

日本ではあまりこういう壁に出会うことはありませんが傘を掴んでどこまでも飛んでいくような可愛らしい一枚。

地面をフレームアウトさせることでまるで飛んでいる感が出ているので、小道具やキレイな壁があれば気軽に真似することができるのではないでしょうか。

【回転している面白い写真の撮り方4選】

ここからは回転している面白い写真の撮り方をご紹介します。

上下が回転しているもの、水晶を使って景色を反転させるものなど見る角度を変えるだけで世界がガラッと変わる面白い手法です。




地面から足が生えている面白い写真
出典:unsplash

草から足が生えているような?印象を受ける面白い写真。

冷静に考えてみると寝転んで足を撮影して上下回転しているのですが、ちょっと不気味でアートチックな印象を受ける一枚。

真上から足元を撮影する写真はよく見かけますが、日常のスナップでも発想を変えるだけでこんなに世界観が変わるのは面白いですね。

水晶で逆になっている面白い写真
出典:unsplash

水晶越しに反転した背景を映し出した面白い撮り方の写真。

水晶は旋光性があり光の屈折で景色を反転させたり圧縮させることができる小道具で風景写真などでよく用いられる面白い撮り方です。

Amazonでも2000円未満で買うことができるので風景写真でマンネリしているカメラマンにおすすめですね。


CrystalLover水晶玉 水晶球 無色透明 クリア台座付き 人工 溶錬 宙玉撮影 開運祈願インテリア 風水グッズ 話題の水晶玉撮影 クリスタルボール 撮影K9クリスタル球ボール収納・携帯用袋付き (80mm(クリスタル台座付))

扉か壁か分からない面白い写真
出典:unsplash

扉の構造物で回転することで天変地異が起きている写真。

もはやどこが地面なのか正解がありませんが下にある扉を真上から撮っているようにも見えますし、上下を反転させているだけのようにも見えるトリックアートですね。

秀逸なのは白と黒のモノトーンカラーだけで構成されている点。

真横に見切れる面白い写真
出典:unsplash

最後は下にモデルさんが見切れている写真。

これは盲点だったんですがよく左右に見切れる構図は目にしますが、真下の横に見切れる写真ってあまり見たことがありませんよね。

背景が整理されているのでモデルさんに目がいくのですが、とても清潔感とお茶目な可愛らしさが演出されている面白い撮り方の写真だと思います。

写真に面白い加工をプラスしてみよう

撮影をしたあとにも無料で使える「Photoshop Express」などの加工アプリを使えばさらに写真に演出を加えることができます。

例えばMUZE部員のモデルさんYumi先生を撮影したこちらの写真。

秋ポートレート

すでに雰囲気がありますが「Photoshop Express」でさらに世界観をプラスしてみましょう。

Photoshop EXPRESSに標準装備されている「合成フィルター」を使用。

秋ポートレート(宇宙)

「宇宙 – C1」フィルターを選択するだけでカンタンに写真に反映されて何ともアートチックな写真に生まれ変わりました。

秋オートレート(光)

こちらは「光漏れ – L1」フィルターを使用しました。光る天を仰いでいる姿がとても美しいですよね。

秋ポートレート(雨粒)

最後にこちらは「雨粒 – R2」を使用。何とも言えない寂しげな印象の写真になりました。

Photoshop EXPRESSでは合成フィルターの他にトリミング、補正、写真の汚れ、フレームなどスグ使える機能が無料で利用できるのでまだ試してない方にはおすすめです。

こちらの記事で「Photoshop EXPRESS」の詳しい使い方を紹介していますので興味がある方はご覧下さい。

【2人~4人向け】面白い写真ポーズの撮り方

最近、インスタで女子同士のアオハル的な写真を見ることがありますよね。

普段から被写体をしていない方でも2人~4人でカンタンに真似してできる女性向け面白くて可愛いポーズの撮り方をご紹介します。

4人でハート
出典:unsplash

4人で撮影する時って誰がどこに立つか難しいうえに全員で統一感を出すことは意外と難しいものですが、4人でハートを作るこのポーズは定番ながらも女子旅や観光地での撮影に最適。

人に頼んで撮ってもらうこともできますが何度も撮らないとうまくいかない可能性があるので自撮りがおすすめです。

デジカメ+三脚がない場合はスマホでも可能ですがスマホを立てかけられる場所を選ぶと良いでしょう。

女性が縦に三人
出典:unsplash

ちょっと雰囲気あるこちらの写真は横に頭をサンドして撮影していますが肌色の違う女性が交互にくることでそれぞれの個性が出ています。

このくらい寄っている写真なら一番下にいる女性が手を伸ばせばスマホで自撮りすることができるでしょう。

あまり見ない構成ですがポイントは服装の色味に統一感があること。背景が室内でも面白い画になるので個性的な写真を撮りたい女性向けですね。

2人で目隠し
出典:unsplash

こちらは寝転んでお互いの手で目隠しをしているポーズ。

仲良しじゃないと挑戦しにくいですが親友とトライしてみると撮影中もハプニングがありそうで楽しい写真になりそうですね。

こちらは自撮りが難しいのでカメラマンさんがいる時に花畑などで挑戦すると良いでしょう。

3人で寝そべる
出典:unsplash

こちらもまたちょっと雰囲気がある写真で3人が寝そべって目を閉じているポーズ。

シンプルな地面に女性3人とも異なる色味のファッションなので、個性的な3人組で挑戦してみると良いでしょう。

自撮り棒を使えば撮ることができますが雰囲気を出すにはカメラマンさんがいる時にデジタルカメラで撮影してもらうことをおすすめします。

3人で横並び
出典:unsplash

最後はとてもシンプルで仲良し3人組を演出したい時におすすめのポーズ。

横並びになって引っ付いている事で個人を出すというより集合体として見られるので統一感が出やすいでしょう。

カメラマンさんとコミュニケーションをとりながらリラックスして撮影すると自然な笑顔を演出できそうですね。

本格的なポージングはこちらの記事で詳しく紹介しているので興味ある方はご覧下さい。

学ぶものが多い面白い写真集3選

最後になりますがここではぜひ、参照することで面白い発想やアイデアを取り入れることができるおすすめの面白い写真集を3つご紹介します。

まず、1つ目は九州に住んでいる久方広之さんの写真集「のら猫拳」

猫をテーマにした写真はたくさん目にする機会がありますがこの写真集の面白いところは「のら猫拳」のネーミングの通り逆立ちや飛び蹴り、背面飛びなどアクロバティックな瞬間だけを収めています。

その躍動感は通いでネコと仲良くしているだけでは起こらないハプニングが見ものです、、

武闘の達人の動きに思わず笑みがこぼれてしまいますが同時にスゴイっ!と思わずにはいられない一冊ですね。

続いてはコチラはTwitterで有名になったので知っている方も多いと思いますがAkine Cocoさんの「アニメのワンシーンのように。」

日常の風景をまるでアニメのワンシーンのように撮影していることで有名な写真集で日本だけでなく世界中の多くのファンからも人気がある一冊。

一見するとアニメそのものなんですがよく見るといつも過ごしている町にある街頭や電信柱、表札、田園風景を使って見事に再現している面白い作風ですよね。

まるでCGのような雲と青空が印象的ですがポイントは空の割合を多くして地上の被写体は少なめにしているそうです。

ご本人様がWEBで撮影手法を紹介されているのでこちらは是非読んでおきたいですね。

NICO STOP

最後は石川竜一さんが6年かけて制作した「いのちのうちがわ」。

こちらは面白いと言えばいいのか、怖いと表現すればいいのか、分かりませんがとにかく今までにない方法で動物の「生」に特化した51ページにも及ぶ写真集です。

この写真集は動物のうちがわにある「いのち=臓器」をテーマに撮影した写真集で賛否両論あると思いますし、限定700部なので市場に大きく出回ることはないと思いますがとにかくグロテスクなものがダメな方はのぞかない方が良いかなと。

興味がある方はこちらのページから商品購入することができます。

AKAAKA

面白い写真の撮り方を取り入れて写活を楽しみましょう!

ふざけた彫刻

今回はマンネリ化した撮影をより楽しむためのスパイスとして面白い写真の撮り方20選、写真加工やポーズをご紹介してきました。

いつも見慣れた風景や景色でも見方・角度を変えればいつもと違って見えることはよくあります。

鏡をのぞくほとんどの写真が何も小道具がなくても真似できそうな写真ばかりなので、気軽に挑戦することができるのではないでしょうか。

今回の記事が撮影をもっと楽しんで意欲的に撮りたいと考えているカメラマンやモデルさんの参考になれば幸いです。



鹿児島写真部MUZEでは「MUZE撮影会」やイベント企画など撮影技術向上を目指した企画を行っています。

前回、前々回と参加してなかった方でも気軽に参加することができるので、皆さんの部員応募やイベント参加をお待ちしています。

また、写真部MUZEでは今年11月から有料「MUZE撮影会」を開催しており随時有料モデル(時給1500円~2500円・実働4h程)を募集しています。興味のある方はこちらのモデル応募フォームまたはInstagramのDMよりご相談下さい。

部員参加は下記、入部フォームから簡単にお申込みすることができます。たくさんのカメラ写真好きの皆様とお会いできることを楽しみにしております!




■無料・部員入部ホーム■

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP
error: Content is protected !!