【実体験】副業カメラマンとして写真で10万稼ぐ方法を初心者向けにご紹介します。

https://muze-photography.com/wp-content/uploads/2021/07/おじさん 80x80.png

写真でお小遣い稼ぎできないかな?

カメラを始めたばかりの初心者や何年もカメラを趣味でやってきた方のハードディスクにはたくさんの画像データが保存されていると思いますが、これで稼ぐことはできないものか。

誰もが一度はそんなことを考えたことがあるのではないでしょうか?

今回はカメラを始めて半年でプロモデルやテレビ局タレントを撮影した私が、カメラを始めて7ヵ月で10万円稼いだ方法とどんな稼ぎ方があるのかご紹介していきます。

この記事を読むことで初心者の方でも、月に数千円~数万円ほど稼ぐことができるようになるでしょう。



カメラ歴7ヵ月で私が写真で10万稼いだ方法

【実体験】副業カメラマンとして写真で10万稼ぐ方法を初心者向けにご紹介します。カメラを構える

昨年、2020年12月に奮発してミラーレス一眼カメラ+レンズを購入しました。

カメラを始めた理由はカメラマン西田航さんに影響された部分が多いんですが、もともと音楽活動をしていた事もあって撮影→レタッチという工程の作品作りが性格的にとてもしっくりきたからです。

時間さえあれば景色や建物、街を撮影して飽きてきたので、次は頼み込んでサバゲー、イベント、ポートレート、商品撮影などを行ってきました。

カメラを始めて腕を磨いていく中で必ず皆さんもぶつかるのが、

・新しいカメラやレンズが買えない
・目的がなくダラダラ撮ってしまう

 
趣味で撮ってるから別にそれでいいという方は次章に飛んでもらって構いませんが、私の場合は次から次にレンズ、アクセサリーと欲しい物が多すぎて、それをカバーできる予算がありませんでした。

そこで考えたのが、

「好きなカメラ機材をもっと買うには写真で稼いでしまえばいいんだ!」

 
いたって単純な発想でした。(本業は別にあります)

まず、初めに引き受けたお仕事が知り合いに紹介してもらったご家族のファミリーフォトを請け負うというもの。

口約束の撮影依頼でしたが実力は金額に追いつくように努力すればいいと思っていたし、初めから「有料」をお伝えしていたのでお金を頂いて撮影することに躊躇しませんでした。

また、Instagramに作品を載せておいたことでインスタDMから商品撮影の依頼、HP制作用の撮影などが入るようになり、継続的ではありませんがポツポツと依頼がくるようになっています。

その他に保育園の撮影を受注できるようになり、少しずつですがその輪が広がろうとしています。

カメラマン料金はピンキリですが、フリーランスなら、

・1案件(1時間~2時間)…1万~3万円
・時給…5000円~10000円

 
カメラ初心者でも誰かに習っていなくても撮る行為を“売る”ことは現実的に可能です。(質が良くなければリピータにはなりませんが)

ここまでの経験で一番大切だと実感しているのは「信頼」関係です。紹介する人との信頼関係、そしてその方が紹介して下さった方との信頼関係。

良い商品でも怪しいお店だったら買わないのに、友達がこれ良いよ!って言ってた商品を見かけて思わず買ってしまったことってありますよね。

作品単体で評価されることはフォトコン以外ではあまりなくって、クライアントとの信頼関係を築くためのコミュニケーションであったり、人として輪の中に入っていくスキルはオンラインとオフライン問わず稼ぐために必要不可欠です。

まだ発展途上ですが初めてファミリーフォト依頼を受けたのが4月終わりだったので約3ヵ月で10万ほどを稼ぐことができました。

【初心者向け】初心者が副業カメラマンとして稼ぐ方法

【実体験】副業カメラマンとして写真で10万稼ぐ方法を初心者向けにご紹介します。初心者カメラマン

ここからは、一眼レフカメラを持ってない方や初心者の方でどんな稼ぎ方があるのか、その方法を1つずつご紹介していきます。

写真販売アプリで稼ぐ

スナップマート
出典:Snapmart

便利なスマホアプリを使って「スナップマート」を使って稼ぐという方法。

スナップマートはフリマ感覚でスマホカメラで撮影した写真を販売することができるアプリで、プロが撮ったガチガチの物じゃなくて素朴な素材が欲しい人が写真を買ってくれます。

スナップマートに登録するには本人確認が必要ですが、アプリ上ですぐ出品者登録することができます。

しかも、出品する時の審査がなくすぐ販売開始することが可能。(人物が写っている場合は出品者が被写体に確認を取る必要があります)

【マーケットプレイス】…素材をWebサイトから購入することができるサービス。単品購入は1枚¥330、お得な定額制プランは1枚あたり約¥40で購入可能。

【アンバサダープラン】…Snapmartのクリエイターの中から企業認定のアンバサダーを選定。アンバサダーに撮影&SNSでの感想発信をしてもらうプラン。

【商品撮影サービス】…商品撮影経験のあるインスタグラマーが、SNSに馴染む写真を企業様のイメージに沿って撮影するサービス。

 
手軽に始めやすいぶんライバルも多いので、まず始めてみて売れるジャンルを学んでいけば数ヵ月で~1万円ほど稼ぐことは難しくなさそうです。

もっとカメラの勉強をしたいと考えている方にはこちらの記事がおすすめですね。

知り合いの撮影で稼ぐ

一眼レフカメラを持ってる方で身近にいる知り合いから撮影させて貰うという方法。

初心者の方に向こうから依頼が急に降ってくることはないと思いますので、こちらから撮らせてもらうことになるわけです。

ここで注意したいのは無償ではなく気持ちよく撮影して完成品に納得がいったらお客さんも喜んでくれます。3000円~5000円でも良いので有償で依頼を受けるように話してみましょう。

また、記念撮影では構図を意識するだけで好印象の絵を撮ることができるようになります。

特に七五三や卒業記念など振袖に予算がかかるので、知り合いに安くで撮って欲しいと思っている方は案外いるもの。

同じようにInstagramのアカウントを作ってそこで募集するのも良いでしょう。この時、過去に撮った作品を載せておけば次の依頼がきやすくなります。

構図をもっと学びたい方はこちらの記事をおすすめしています。

クラウドソーシングでサンプル写真を撮って稼ぐ




クラウドソーシングの案件を利用してサンプル撮影で稼ぐ方法。

クラウドワークス」は発注者とクライアントがオンライン上で発注・納品する業界大手プラットフォームサービス。

クラウドワークスに無料会員登録して“写真 撮影”で検索すると意外と多くの案件が出てくることに気付きます。

詳しくは載せれませんが例を見てみると、

・カフェの外観を撮ってくれる人を募集…5000円~10000円
・県内の葬儀場の外観をたくさん撮ってくれる人を募集…50000円~100000円
・美容商品のモニター撮影に協力してくれる人…5000円
・肌の写真を提供してくれる人…3000円
・スキンケアモニターの募集…~5000円

 
ご自身の顔出しするような案件はやらない方がいいと思いますが、色んな案件があってこの中でももっとも確実に稼ぐことができる方法でおすすめです。

▼クラウドワークスはこちらから無料会員登録することができます▼


CrowdWorks(クラウドワークス)

写真をブログ素材にして稼ぐ

ちょっと視点を変えてみて収益化を目指すブログの素材として活用するという方法。

直接的に撮ったものを売るわけではないですがもしアメブロ以外で広告収入を得られるブログコンテンツをお持ちの方なら自分で撮った写真が最高の素材として使用できます。

通常ブログに使用する画像は商用フリーの物を探すか、有料で買う必要がありますね。

Googleは色んなところで引用されているキレイな画像よりも誰も使っていない画像を高く評価するため、自分で魅力的な写真が撮れれば商用画像を買う分を得したということになるでしょう。

ブログコンテンツが無くて困っている方は「A8.net」というアフィリエイト会社が運営するファンブログは審査なしで広告を貼ったり、オリジナルブログを作れるのでおすすめですね。

▼A8.netはこちらから無料会員登録することができます▼


A8.netの申し込みページはこちら

イベント時にチェキの記念撮影で稼ぐ

地下アイドルのライブ会場では定番ですが、記念撮影でチェキを撮ってその場で売る方法。

チェキをお持ちの方限定になりますがイベント開催時に許可を取り、記念撮影する企画を行えばお客さんも貴重な体験として依頼してくることがあります。

最近20代や若者のあいだでフィルムカメラやチェキ人気が高いので、若い方が集まるイベントならなおさら依頼が増えることでしょう。

販売価格は1枚500円~1000円ほどでしょうか。それでも10枚撮れば5000円~10000円をすぐ稼ぐことができます。

≪25日最大P9倍!要エントリー≫チェキ 本体 カメラ チェキカメラ instax mini11 インスタントカメラ ポラロイド フィルムカメラ フラッシュ FUJIFILM 富士フイルム おしゃれ かわいい カラフル パープル ホワイト ピンク ブルー【D】

【中級者向け】初心者が副業カメラマンとして稼ぐ方法

【実体験】副業カメラマンとして写真で10万稼ぐ方法を初心者向けにご紹介します。カメラ中級者

こちらは一眼レフカメラとPC編集ソフトをお持ちの中級者以上向けの稼ぐ方法をご紹介します。

カメラや写真に関する基礎知識があり、人に教えられる技術や買い手側の意図を読み取れるようになると大きく稼ぐことができるでしょう。

写真販売サイトで稼ぐ

PIXTA
出典:PIXTA

国内問わず世界中で画像販売サイトを通じてオンライン上で販売する仕組みを多くのカメラマンが利用しています。

国内最大手と言われる「PIXTA」は審査こそあるものに、一般クリエイターでも販売利益率22〜42%ともっとも稼ぎやすい仕組みが整っています。

①会員登録
②簡単な入門テスト
③素材をアップロード
④PIXTA内で審査
⑤審査を通過した作品が販売開始
⑥販売されれば報酬発生

 
一定の販売数をクリアすると専属クリエイターや人物専属クリエイターになると利益率30%~58%と大きくコミッション率が変わってくるのが特徴ですね。

私も今月始めたばかりでアップしている画像の詳細は言えませんが、売れる素材をアップしている方には月収80万とかいるようで知り合いの方も10万ほど副業で稼いでいます。

注意したいのは「撮りたいモノ=売れるモノ」ではなく、「売れる傾向から逆算して撮る」ことが大切なのであくまでも収益化を目的とした撮影が求められることになります。



出張フォトグラファー委託で稼ぐ

全国にカメラマンを抱える出張撮影サービスが流行っており、大手では「OurPhoto(アワフォト)」「Lovegraph(ラブグラフ)」「fotowa(フォトワ)」が有名。

ちなみにfotowaはPIXTAと同じ系列ですがそれぞれフォトグラファーとして委託を受けるには審査があります。

【1次審査】これまでに撮影した家族・マタニティ・七五三・月齢フォトなどの過去作品を提出
【2次審査】面接とその場でスタッフを撮影して後日データを提出

 
この審査をクリアした人だけが出張フォトグラファーとして登録されることになっています。(ラブグラフでは養成スクールを卒業する必要あり)

採用されるにはそれなりの知識・経験が必要になるわけですが、これをクリアするにはフォトスタジオで働いてない場合は知人の家族・子供を撮影させてもらって腕を磨く以外にはありません。

それぞれのカメラマンのギャラを比較してみると、

【OurPhoto】8,000 円~で自分で値段設定することができる
【Lovegraph】指名料があり人によって異なる。目安11,000〜30,000円
【fotowa】平日通常13,068円、平日キャンペーン額14,157円、土日祝通常15,708円、土日祝キャンペーン17,017円

 
それぞれ特徴的な仕組みになっていますが技術があって指名を撮れるカメラマンならラブグラフがおすすめ。定額だけど安定して稼ぎたい方はfotowa。ニッチなニーズを満たす撮影をできる方はOurPhotoで高めに設定できる可能性があります。

業務委託とはいえ企業やお客さんが満足するものを納品する必要があるわけですから、社会人としてのマナーや向上心が必要になるでしょう。

撮影ノウハウを教えて稼ぐ

ここ数年のあいだに個人が持つ高いスキルを人に教えることができる「C to C」のサービスが定着してきました。

当たり前だと思っている知識もある人からすればお金を出してでも知りたい情報だったり、技術だったりするわけです。

個人がノウハウを販売できるサービスと言えば「ココナラ」「タイムチケット」「ストリートアカデミー」「イベントフォース」など。

いずれもオンライン上の対面・非対面を問わず販売することができるので、副業でも気兼ねなく稼ぐことができます。

人に何かを教えるというのは難しいものですが実際にカメラの技術や知識を教えることで、目に見えない技術的な部分を言語化できたり、人前で講師として教えるためのステップアップの場にすることもできるでしょう。

▼ココナラはこちらから無料会員登録することができます▼


お名前・電話番号の入力不要。無料会員登録はこちら

▼ストアカはこちらから無料会員登録することができます▼


≫プロから教わるカメラ講座が1,000円から【ストアカ】

クラウドテックでカメラマン受注して稼ぐ




こちらは初心者向けでも紹介した「クラウドワークス」の系列ですが、こちらはよりクリエイター向けの仕事を受注することができる「クラウドテック」。

撮影だけでなくPC編集ソフトを使った画像処理や合成処理もできるスキルが必要になりますが、その代わり高単価の仕事がたくさんあります。

取り扱っている案件を見てみると、

・常駐するECサイト撮影編集者を募集…~100000円
・Webデザインを募集…~600,000円
・エンジニアを募集…~200,000円

 
割合としてはWebクリエイターの案件が多いですが、一つ一つの案件単価が高いので大きな収入を得ることも可能ですね。

また、逆にここで取り扱われている案件に合わせてスキルを磨くと稼ぎやすくなるでしょう。登録は無料なのでまずは無料登録して案件をじっくり見てみると良いでしょう。

▼クラウドテックはこちらから無料会員登録することができます▼


フリーランス案件紹介サービス【クラウドテック】

写真販売アプリ・サイトのメリットとデメリット

【実体験】副業カメラマンとして写真で10万稼ぐ方法を初心者向けにご紹介します。メリットデメリット

副業カメラマンで稼ぐ方法としてもっとも始めやすいのが素材販売アプリ・サイトを利用する方法です。

手軽に始められるうえに副業禁止の会社に勤めてる方でも身バレの心配がありません。(判断は自己責任でお願いします。)

ここでは、素材販売アプリ・サイトを利用するうえで知っておきたいメリットとデメリットをおさらいしておきましょう。

【メリット】
①無料で手軽に始められる
②売れるようになると報酬率がどんどんアップする
③副業禁止でも身バレする可能性が低い

 

【デメリット】
①ライバルが多くて全く売れないこともある
②趣味とは別に販売用で撮影する手間がある
③人気の人物画像はモデルさんを用意する必要がある

 
前章で紹介したアプリ「スナップマート」や販売サイト「PIXTA」では、登録してから売れるまで6ヵ月かかったと言う方もいれば2ヵ月目くらいで売れたという方までさまざま。

売れ筋はやはり女性モデルを起用した「人物写真」や、旅行先の風景、橋など公共の建造物、イメージが湧きやすいシンプルな作品です。

PIXTAで写真を買ってくれる方はほとんどの場合が企業またはWEBコンテンツを運営する編集者なので、広告やWEBサイトに使われやすいモノを撮る必要があります。

私も今月からPIXTA登録して販売開始する予定なので、売れ筋や売れるコツなどは別記事で紹介していこうと思っています。

副業カメラマンの注意点

【実体験】副業カメラマンとして写真で10万稼ぐ方法を初心者向けにご紹介します。注意点

最後に副業カメラマンが写真で稼いでいくうえで最低限、知っておきたい注意点やマナーがあるので確認しておきましょう。

写真部MUZEでもSNS掲載に関する確認不足で掲載を取り消して欲しいとか、事前に被写体や建造物の許可を取ってないことが後から発覚することがよくあります。

ここでは撮影とは切り離せない肖像権・著作権について、そして本業がある方は確定申告についても軽くご紹介いたします。

肖像権や著作権

まず、肖像権と言うフレーズを皆さん耳にしたことがあると思いますが、日本の法律では肖像権について明記されていません。

一般的には「人の姿形が映った画像や氏名を無断で利用できない権利」を指しています

 
憲法第21条に「表現の自由」と言うものがあるため刑法で罰せられることはないそうですが、グレーゾーンのため代わりに人格権・財産権として争いになることがあります。

カメラマンとして自覚しておかないといけないポイントは素材販売サイトで販売されている画像のほとんどは「モデルリリース(肖像権使用同意書)」が取得されています。(被写体が販売や広告などで利用することを承諾してますという物)

素材販売サイトに限らずSNS掲載・広告の二次利用する際は意図的に写っている肖像者に承諾をとるようにしましょう。

そして、もう一つが「著作権」ですが撮影に限らず全ての著作物にはこの著作権が大きく関与しています。

「思想や創作・表現された著作物で、知的財産権の1つ」とされています

 
当然、撮影したカメラマンが著作者になるわけですが、自分の作品として公開したり撮った写真を売ったりする際はあなたが著作者に該当しますよね。

他人が撮った素材を無断で掲載・使用するのはもちろんのこと、販売する行為は法律で罰せられるのでくれぐれも注意しましょう。

確定申告する

副業カメラマンのほとんどが会社勤めするサラリーマンや個人事業主が多いと思います。

サラリーマンの場合は会社と雇用契約を結び給与をもらっているので年末調整で源泉徴収されていますが、副業による副収入は年間20万円の範囲内であれば確定申告は不要。

しかし、20万円を超える場合は個人で確定申告を行い納税する必要があります。

面倒だなと思うかもしれませんが「確定申告ソフトfreee」を使えばカンタンに申告することができるのでおすすめ。

個人事業主の場合はどういう形で稼いでいるかが焦点。業務委託やアルバイトなら本業の収入とは別で申告する必要があり、それ以外の素材販売サイトやクラウドワークスによる収入は雑所得として本業収入と合わせて申告しましょう。



freee

写真販売アプリやサイトを使ってお小遣いを稼ごう

今回は初心者カメラマン向けに写真を副業にして稼ぐ方法をいくつかご紹介してきました。

いずれも手軽に始められる反面、それなりに質を上げていかないと思うような成果は得られませんので取り組む姿勢が大事です。

副収入にこだわり過ぎて撮影が嫌いになるくらいならムリしない方が良いですし、私みたいに機材をどんどんアップデートしていきたい人には副収入は大切な資金源になるので活用していきましょう。







関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP
error: Content is protected !!